Fuka日記

首のあたり

どうも首の辺りのこりに悩まされる日々。。^^; いや今に始まったことじゃないんだけど、 姿勢が悪いのか左側のみです。 和らげようと首を回したり自分でマッサージしたりしてますが、 むしろ悪化してないかレベルにあんま変わんないです。 取りたいな〜〜

クワイヤ系

クワイヤ系のコーラスを入れると一気に雰囲気が出ると感じる時があります。 なんか物足りないなと思っている時とかに、メロをコーラスでなぞるだけでも聴き映えが良くなったり。 そんなとりあえず高カロリーにしとけば美味しくなるみたいなノリで使って良いものなのか笑 でもピアノだってどの曲にも入ってる事多いしなぁ、それこそコーラスより全然。 ありきで頼るような作り方はしたくないですが、だからといって疎遠する必要もないか。

雑記

良い曲ってなんなのか。 僕は良い曲が書きたくて生きてるわけですけど、 考えるほど分からなくなってきます。 考えるより作れって話か。 デューク・エリントンが、世の中には良い音楽と悪い音楽しか無いという言葉を残したようです。 悪い音楽って言うとまた語弊があると思いますけど、翻訳的なことかも分からんですけど、言わんとしてることは感じます。 真に良い曲を書き続けたいものです。

Logicが

昨日、Logicが突然フリーズして落ちまして、 ここまではいつもの事なんですけど、 なんとそのファイルが開かなくなってしまいました。 開くと虹色くるくるが止まらん。 開けなくなるっていうのは今まで初めてかもしれないです。 で、仕方なく2,3時間の作業を捨てて、 タイムマシンからその前にファイルを持ってきたのですが、 どうもオートメーション書く所で絶対にフリーズして以降開かなくなっちゃうんですよね。なぜ?? このクソ忙しい時になんだこれはと、さすがに焦りました。 1曲作っても開かなくなっちゃったらどうしようもないんですもんね。 それで何度かやってうまく開いてる時に急いで書き出してもうそれは今は放置なんですけど、その曲また開く時に憂鬱だなぁ。。

ほとんど

我ながら自分のサイト、ほとんどメンテ中じゃないですかw いや、もちろん直す気持ちはあるんですけど、 ブログの前にそっちだよなぁ。。

あーあ

iPhoneを下取りに出して、 Apple Storeのギフトカードを持ってたんですけど、 久しぶりに残高を見たらなんと無くなっていました!笑 もちろん使ってないです。 翌日になっても0円のまんま、 Appleに電話したら警察に連絡してくださいと言われました。 不正利用ですかね。。 どこから漏れたんだろう。 でもメールもAppleIDも怪しいログイン履歴ない感じなので、 全く分からないです。 ギフトカードって有効期限無いので、長い目で使おうと思ってたのが仇でした。 さっさと使えばよかった。 というか普通に持っているだけで乗っ取られたAppleギフトカードはもう二度と使う気にならないです。。 電子ギフトカードって結構ハッカーには狙いめなのかもしれないですね。 警察に出向くかは迷っています。 そんなハッキングまがいな事出来る人がAppleIDから辿って割れるとは思えないですし、 それ以上の労力を自分がかけるのも本末転倒です。 悔しいけど今回はそれだったらその時間仕事してたほうが良い。 自分が出来ることは、今後当分電子マネーの特にギフトに関しては、怖いので手を出さないようにしようと思います。 Appleもでも確かに盗難等の責任は負わないって書いてあるけど、 だからって半年持ってるだけで盗られるというのは、システム的にどうなんでしょうか。 安心して使えるようにして欲しいものです。

楽器の音色の考察②

先日の音色の考察に関して、 ドレミをどの楽器でやるかという話でしたが、 同じ位置のドレミでも、楽器によって印象が違います。 例えばおへその位置の1番真ん中のドレミで考えると、 以下は自分の主観ですが、 バイオリン→安定 ヴィオラ→安定 チェロ→高めだけど安定 コンバス→高め フルート→低い、不安定 オーボエ→低い、けど安定 Eホルン→安定 クラリネット→安定 バスクラ→若干高い、安定 ファゴット→若干高い、安定 ホルン→安定 トランペット→若干低い、安定 トロンボーン→ほんの少し高め、安定 チューバ→高め ティンパニ→ちょっとおかしい マリンバ→普通 ハープ→普通 ピアノ→普通 と、これ全部同じ音程ですが、随分と印象が違います。 同じ音程なのに高めとか低めとか、面白いですよね。 これを心象上の高さと言いますが、 オーケストラの音域自体は、ピアノでほぼ全部まかなえてしまいます。 けどそこにそれ以上の音域の幅を感じるのは、 もちろん両手以上の音を一度に鳴らせるのもありますが、 こういった色んな楽器がそれぞれの印象を持ち、 それによって音域が拡大されたかのようにすら思えるからだと思います。 ​ ​ ラヴェルのボレロがすごく良い例で、 譜面載せときましたが、 このメロディ、最初フルートの低い音域から始まってるんですよね。 ピアノやバイオリンとかでやったらなんでもない音域ですが、 フルートだと低いです。 音自体は低い音域じゃないのに低いと思わせる巧妙さ。 そのあとも同じ音域なのにファゴットにムリにやらせて今度は高

レイアウト④

ついでに、今まで3つあった間接照明を3つ増やしました。 計6個。 2つが寝室に置いてありそうな紙に覆われた縦長のやつで、 4つがクリップ型のいわゆるなライトです。 内2つが青色。 4つが電球色。 間接照明でテンション上げるぞー!というのも少しあるけど、 天井のライトを明るくするとディスプレイに反射するので、 周りが明るいほうが目にもいいのかなぁとか少し思ったり、 気のせいかもですが笑

レイアウト③

右側に来たディスプレイですが、 なんかめっちゃキーンって鳴ったんですよ。 それで唐突に思い出したのがこのディスプレイ、 特定の位置で特定の場所に入るとめっちゃコイル鳴きするんだった。。 ディスプレイに対して正面向けば鳴らないです。 右に置いてあって正面向く状態だと、右耳だけキーン。 右向けば鳴りません、また正面向けば鳴ります。 おちょくられているのか。笑 かなり高い音で、どうしても気になってしまいます。 どーしたものかとまた頭を抱えだしたら、 そういえばiMacにつけてるサブディスプレイ持ってきちゃうかなと。 vesaでアームで付けているので、外したのは良いですけど、 スタンドは見つけられても絶対に100%スタンドのネジなんてどこやったか分からん自信があり、 どうしようかと思いきや、なんとスタンドははめ込み式。。 助かりました、ありがとうiiyama。 と、いうことで、単純にディスプレイを右と左で交換しました。 おかげで今度は全く鳴りません。 やれやれだぜ。

レイアウト②

明けましておめでとうございます。 昨年からうろちょろしてるディスプレイの位置なんですけど、サブディスプレイ、結局また右側に来ました。 自分の環境ではその方がメリットが大きかった。 サブディスプレイを前に置くと、 鍵盤とそれをある程度離さなければならず、 鍵盤を結構手前側に持って来なければならないので、そうすると机のトラックボールとか置ける場所が非常に狭いんですよね。 サブディスプレイを右側に置いたメリットとしては、 鍵盤をもっと奥に置ける。 メインディスプレイとの被りが無くなる。 そもそもサブディスプレイ自体は見やすくなる。 デメリットは、 奥に置いた鍵盤がほんのわずか弾きづらくなる。 弾く時にサブディスプレイが右側に来るので、 弾く時にちょっと見づらい。 (右向いて弾かなきゃいけない時がある) とこんなとこでしょうか。 意外と盲点だったのが、 そしてサブディスプレイを前に置くために、 メインディスプレイを少し高く置いてたんです。 わざわざ高さが高めの机を買って笑 これが僅かに高めでも1日経つと、 姿勢的に首の後ろにめっちゃ負担かかることが発覚しました。 いつもは若干前傾姿勢気味なので、少し目線が高めになればラクなんだろうなぁと思ってたのが、 これだったらまだ前傾姿勢の方がラクですね。 首の後ろの上の辺りの凝りってなんかすごく気持ち悪くなるというか、肩こりより遥かにツラいんだなと。 ということでその机を撤去して、元の高さに戻しました。 とまあこんなところですが、 高さ90センチの机が余っちゃった笑 何に使おうかなぁ。

Recent Posts
Archive
Tags
Category

© Shota Fukagawa All Rights Reserved