なつかしの吹奏楽部

吹奏楽がブラック部活みたいな話をツイッターで見かけまして、

あぁ、まあ分からんでもないなって笑

僕も中学生の時吹奏楽部だったんですけど、

確かに練習時間は長かったです。

とにかく、長かったw

おまけに夏休みや冬休みとかもほとんど9時〜16時(覚えてる)で部活でしたし、

おそらく文化部では活動時間1,2を争えるんじゃないでしょうか。

それでも普段平日は火木が休みだったので、毎日ではないぶん短かったのかも?

おまけに朝練やら昼休み練など、自主的な呼びかけでしたがありましたね。

朝練は多分自分はだいぶ行ってない方でしたがw

あと夏休み練習でキツかったのが、

基礎練って言って最初にロングトーンメトロノーム40だっけ?で8拍でほとんどの音階やるんですよ。3Dって本だったかな。

これがエアコンも無い教室で汗吹き出しながらやるわけですけど、

口はすんごい痛くなるし頭は酸欠でクラクラするし汗ドバーだし、

辛かったですね。

当時は思わなかったけどこれはまさしくスポ根なるものだと思いますw

話は戻って、練習時間があんなに長い必要はあるのかどうか、

とか考えると悩ましいですね。

好きこそものの上手なれというか、ずっとやってる方が良いとは思います。

が、それに見合う集中力があるのかどうか。

まあ練習時間がどうかとか言うとそもそも学校がそんな長い時間必要あるかとも思いますし、僕は黒板見る一方的な授業は例えば8時に始まるなら12時には終わっていいと思います。

で、午後を何に使おうが好きなように使えれば良いんじゃないかなと思うんですけどね。

また話がそれてしまった、

吹奏楽がブラックかどうかは、

実際本当に楽しそうにずっとやってる人もいましたし、

けど確かに自分は当時長いと思っていましたし、

けどそんな超絶ブラックには思いませんでしたし、

もっと軽い気持ちで楽器吹きたい人に取ってはやはりキツい部活なんでしょうね。

Recent Posts
Search By Tags
カテゴリー

© Shota Fukagawa All Rights Reserved