音源

似たような話を何度も書いてるけどほんっとに最近の音源はリアルになって来たと思う。

プラス、操作性も非常に良いものも出てくるようになって、

本当に進化してきたなぁって感じがします。

ヘタな奏者にやってもらうよりかは打ち込みの方が100%自分のニュアンスで音楽が作れたりするので、打ち込みでいいや、いや打ち込みが良いやって状況も多くなってきました。

もちろんとは言えまだまだ録り音には敵わないのでレコーディングが無くなることは無いと思いますが、職業プレイヤーの方たちはさらに超うまい人しか残れなくなってるんじゃないかなぁって思ってます、コンピューターが仕事奪ってるんだもん。

ライブは人がいないとダメなので、演奏のお仕事自体は無くなることは無いというかむしろネット時代だから故そっちが増えていくんじゃないかとか思います。

ただ大変に当たり前の話だけど、良い音源を使って、作った曲、作れた曲がなんなのかが大事なのであって、道具を使った自分が作る音楽的な面は常に意識して、結果が自分らしく良い音楽になるように心血を注ぎたいものです。

Recent Posts
Search By Tags
カテゴリー

© Shota Fukagawa All Rights Reserved