年の瀬

年の瀬感一気に出てきたなぁ。

簡単にではありますが今年の締めの一言とさせて頂きたいと思います。

今年も本当に色々な作品に関わらせて頂き、

本当に充実した1年を過ごせてたと思っています。

僕は音楽は感性だと言っちゃうタイプの音楽家では無く、

どちらかと言えば感性も技術の内だと考えていて、

全ては良い曲に繋がるように来年度も日々研究&勉強&制作を積み重ねていけたらこれ以上嬉しいことはありません。

作曲というのは感覚の部分の才能と技術の部分の才能が共存するある意味不思議な分野です。

とりわけ作曲の分野の中でもオーケストレーションというのは技術の側面が大きく、

少なくともこれに関しては日本で1番技術がある人になれるように僕は本気で目指しています。

日頃より関わって頂いている皆様、

発表した曲を聴いて頂いてる皆様、

そして今もこの雑多なブログ(笑)を覗いて頂いてる方、

本当に今年もありがとうございました。

来年度もどうかよろしくお願い申し上げます。

深川翔太

Recent Posts
Search By Tags
カテゴリー

© Shota Fukagawa All Rights Reserved