楽語

楽語って基本はイタリア語で習ったような覚えがあるが、

実に譜面には色んな言語が混ざりまくってる。

ミュートをcon sordinoと言ったかと思えば、

with muteとかだったり、

senza sord.と書いてる隣で何故かopenと書いたりもする。

シンバルだって合わせシンバルだと急にpiattiとイタリア語で書いてる横で、

吊るしのシンバルだとSuspended Cymbalと書き、

Snare Drumと英語で書いたかと思えば大太鼓はGran Cassaとまたイタリア語。。

なんか全部自分だけな気がしてきた笑

そもそも楽語はイタリア語中心で書くのに、

楽器名は大体みんな英語で書いてる気がする。

昔はこれが不思議に思っていたけど、

最近はむしろ普通に思えてきた。

だってそもそも日本語だって、和製英語、外国語由来の言葉、

混ざりまくってる。

例えばフランスの人が新しい事をやって、

それが世界的に定着すれば、それが指示語になるわけで、

別に混ざるのはなんでもない事なんだなと思って、

自分も気にせず混ぜまくるようにしている(おい)。

とはいえ世界中の言語が混ざりまくってるわけでもなく、

イタリア語、ドイツ語、フランス語、英語、

辺りだろうか。

何か日本語も定着させてみたいものだぜ。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
カテゴリー
関連記事

© Fukagawashota All Rights Reserved